葉酸サプリに流産を予防する効果は期待できるの?

葉酸サプリは流産を予防する効果をある程度は期待できます。

 

先天性異常のリスクを軽減させ、造血作用もあるので赤ちゃんに栄養を送るのはもちろん子宮環境の強化にもつながります。

 

卵子の質を高める効果もあるのでぜひ摂取していきましょう。

 

葉酸の役割って?

 

葉酸は流産の予防には欠かせないものとして母子手帳にも摂取を呼びかけることを書いてあるものです。
妊娠前から摂取していくことが望ましいものです。葉酸はとてもたくさんの役割があります。

 

  • 胎児のダウン症など先天性の疾患予防
  • 染色体異常の予防
  • 卵子の質を高めて受精やその後の発育を助ける
  • 造血効果で血栓予防→血液の流れをスムーズにして胎児に栄養を与えやすくする
  • 子宮や子宮内膜を強化して流産を予防する
  • ホモシステイン(活性酸素)を減らす
  • 貧血予防

 

これらの予防効果はそのまま流産予防につながる効果となり、受精、着床、その後の成長をしっかりサポートしてくれます。

 

初期の流産は葉酸不足も原因の一つではないかという意見もあります。
流産の原因のほぼ8割くらいが先天性異常と染色体異常のためです。

 

葉酸の摂取を義務付けたことで奇形児が約半分に減ったという結果もでていますので、無視できない存在ですね。

 

食事では緑黄色野菜や果物などに多く含まれていますが、食事だけで必要量をとるのは難しいのでサプリと併用して不足しないようにしましょう。

 

男性の葉酸接種も重要です!

 

 

そして忘れがちなのが父親の葉酸摂取です。
母親は病院から指導が入りますし、出産する本人ですから葉酸摂取を忘れないと思いますが、父親にはまだ葉酸摂取の意識が欠けています。

 

アメリカやカナダでは主食のパンやパスタに葉酸を入れることを義務化など、国をあげて対策を行っていますが、日本ではまだそこまでできていません。

 

葉酸サプリはメーカーによっては男性用葉酸サプリを販売している会社も出てきましたが、まだ認知度が低く、男性の葉酸摂取が遅れている印象が強いですね。

 

特に外食が多い方は葉酸が不足していますので意識して摂取してほしいものです。

 

夫婦で葉酸を摂取していきましょう!

 

夫婦で葉酸を摂取していくことでより流産予防効果が高まり、妊活もスムーズにいきますね。

 

妊娠してから飲むでは遅いので妊娠を計画した段階で夫婦で飲み始めることをおすすめします。
特に男性は精子を作るのに3か月かかりますので早めに飲み始めるのがいいでしょう。

関連ページ

流産を予防する効果的な方法って?
残念ながら完全に予防する方法というものはないのですが、葉酸を摂取するのが一番有効な方法とされています。なぜなら流産の原因のほとんどが先天性のもの、つまりは染色体異常だからです。食生活と合わせて葉酸を摂取して妊娠に備えましょう。