流産後の妊活にも葉酸サプリは欠かさない!

葉酸は流産した女性にも必須の栄養素です。

 

流産でダメージを受けた子宮を回復しながら貧血防止にもなります。

 

しっかり補給して次の妊娠へと備えていきたいですね。もちろん葉酸以外の栄養も忘れずに。

 

葉酸ってどんなことに効果があるの?

 

葉酸は妊娠前から出産後まで女性をサポートしてくれる大事なものです。
もちろん流産後のケアにも使えます。

 

体力回復はもちろんのこと、子宮内膜の状態を整える、女性ホルモンのバランスを整える、造血作用といった働きがあります。

 

子宮内膜の状態を整えることにより、受精卵の着床率もアップしますので妊娠の確率が上がりますし、次の流産を防いでくれます。

 

通常流産後は3か月程度は妊娠をお休みしますのでその間に子宮をゆっくり休ませてあげましょう。

 

流産したときに器具で子宮内膜をはがす手術を受けている方も多いので、子宮内膜がしっかり厚くなるまで待ってあげたいですね。

 

女性ホルモンのバランスがよくなるのは、葉酸の造血作用のおかげです。
血液が増えると血行改善、冷え性改善効果が高まり、それに伴って子宮や卵巣の状態も良くなるわけですね。
同時に自律神経のバランスも良くなります。それだけ造血作用が大事ということなんです。

 

葉酸と一緒にほかの栄養素の摂取しましょう!

 

そして葉酸だけではなく、いろんな食事を組み合わせていきたいですね。

 

葉酸自体、ビタミンBの仲間なのでビタミン類との相性はいいので、フルーツや緑黄色野菜と一緒に摂取すると吸収率が高まりますよ。

 

ミネラルも女性ホルモンには欠かせないので亜鉛や鉄分などが取れる魚介類や海藻、ナッツ類もいいですね。

 

もちろん食事だけでは葉酸も不足しがちなのでいろんな栄養素が入ったサプリをプラスしてあげるといいですね。
おすすめなのはビタミン、ミネラルが一緒に入ったものです。

 

ビタミンB6,12、C、E、カルシウム、鉄分あたりが入っていればいいでしょう。
サプリが苦手な方は青汁、フルーツジュースなど飲みやすいもので代用してみてください。

関連ページ

流産後に妊活を開始するベストな時期は?
基本的に生理を2回程度見送ってから始めるというのが一般的ですが、個人差があります。そのため、病院で検査をしたり医師の診察を受けるなどして慎重に次の妊活を開始する時期を探していきましょう。焦らずにのんびり体力の回復を待ちたいですね。